住宅・商業施設・医療施設・オフィスビル シード建築設計事務所 SEED Architects


 ホーム> 設計監理実績> 芦辺港フェリーターミナルビル

芦辺港フェリーターミナルビル
画像をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。(画像の説明付き)

長崎県壱岐市芦辺町の海の玄関口、フェリーとジェットフォイルの乗降・待合施設。
2002年9月のプロポーザルで選ばれ設計監理いたしました。
車椅子対応のバリアフリー施設で、これまではタラップで乗降していましたが、ボーディングブリッジのスロープを使用してフェリーに乗降します。

フェリーの高さに合わせた階高にしているため、個性的な内外観となりました。
陸側からの景観 海側からの景観 陸側からの景観
送迎ゲート ロビー 階段見上
季節によって、乗降客で大混雑する待合室は、20m×15m。ここに1方向の梁を架け無柱で海側と陸側2方向に開かれた、明るく開放的な待合室をつくりました。
ロビー吹抜 階段 フェリー待合室1
  フェリー待合室2 ゲート夜景 港側夜景
建築の竣工1年後に、ボーディングブリッジが設置されました。 階段見上 ブリッジと湾 ブリッジ内部
海側の遠景 陸側外観 妻側

▲ページトップへ

<<<前のページへ戻る