使い方 シード建築設計事務所 SEED Architects




3Dモデルとは

3Dモデルは、平面図ではわかりにくい情報を立体的に表現し、皆様のご理解を深めていただくために作成しています。
建築全体のモデルと、各住戸タイプのモデルが有ります。
モデルは彩色していますが、床や壁やドアの色や質感を正確に表現するものではありません。

これらの色柄は、今後、選択肢の中から個別に選択していただけます。

モデルの注意点
各住戸タイプの3Dモデルには、いろいろな家具を表現しています。
工事で設置する家具は、システムキッチン、洗面化粧台、下駄箱、トイレのドレッサーで、建設工事に含んでいます。(マンションの取得費用に含まれています)
キッチンはいずれのタイプもリビングダイニングに面していますが、フルオープンもしくはセミオープンでCGを作成しています。いずれか選択が可能です。(どちらを選択するかにより、多少、価格が異なります)
ユニットバスは、同サイズの一般的なユニットデータを使用しているので、内部の質感は表現されていません。また、浴室内の棚や、鏡、蛇口の形状は正確ではありません。窓の有無については正しく表現しています。

家電製品や家具は(テレビやテーブル椅子、エアコンなど)、モデルに表現しているものも有りますが、別途工事です。
台所の背面にカップボード(食器棚)を表現しているモデルが有りますが、標準仕様には入っていません。
住戸タイプによっては、バルコニーの床にウッドデッキを表現していますが、別途工事です。


アプリのインストール方法と3Dデータのダウンロード方法

3Dモデルを見るには

手順の概要
①アプリBIMx(無料版)をスマホ・タブレットにインストール
②3Dデータのダウンロード(パスワードが必要です)
③操作する

手順
①スマホもしくはタブレットで、AppStore で 3Dモデルを見るアプリ BIMx(無料版)
 を検索しインストールします。BIMxは、Grafisoftという建築の図面作成ソフトの
 メーカーのアプリです。有料のBIMxPRO もありますが、無料版で充分です。
 現在の参加者の皆さんは、(消去していなければ)BIMxのインストールは
 終えています。

アプリBIMxをインストールした状態で、3Dデータ(建築のデータ)をダウンロードします。
50メガ以上ありますので、wifiなどの環境下で

手順
②3Dデータのダウンロード
1、スマホやタブレットにBIMxアプリをインストールした状態で、
  3Dモデル ダウンロードリンクページを開く。
  建築の外観がわかる全体の3Dモデル(9月末アップ予定)と
  住戸別の3Dモデルが有りますので、見たいモデルをクリックすれば、
  それぞれのモデルのダウンロードページに進みます。




アプリBIMxの使い方

手順の概要

③操作する
[操作方法]
指1本で、画面をなぞると、上下左右、視線の方向(見る向き)を変えます。
2本指で画面をなぞると、自分の立ち位置を移動できます。
1階から2階、さらに上階に上がる時なども、2本指です。
この1本指、2本指を変えながら操作するのが基本です。
マンション外観ををグルグルを回転させながら見ることが可能です。
2本指で、広げると拡大(近寄ることが出来ます)
2本指を狭めると、遠ざかります。


ウォークスルー(歩き回る視点)
・右下の人のマークをタップすると、丸いマーク(白い半透明)が出ますので、それを指で
 進行方向になぞると、進みます。
・行きたい箇所の床や地面をダブルタタップすると、その近くへ進みます。
 (この移動が一番簡単で、上記方法よりお勧め)
・ドアをダブルタップすると、ドアの中に入ります。
 玄関ドアや、内装のドアも全て、この方法で通過できます。
・窓はドアと違い、ダブルタップしても、開きませんので、
 2本指を広げて拡大する要領で窓を通ってください。
 壁もこの方法で、通る抜けることが出来ます。
・どこを、歩いているか不明になったときは、一旦、全体表示に戻るとよいでしょう。
 右上の本のマーク(ブックマーク・お気に入り)の中の、家の形のマークでホーム画面に
  戻ります。


  なお、タブレットをお持ちの方は、タブレットが大きい分、見やすいと思います。
 もちろん、スマホとタブレット、両方で見ることも可能です。

  左下の2つのアイコンの右側(家と水平の板が重なったようなアイコン)は、いろいろな、
 切断面を切ることができます。


うまくいかない場合は、メールをお送りください。
メールは、このページの一番上の右端のボタンです。