住宅、商業施設、医療施設、オフィスビル シード建築設計事務所 SEED Architects
Contents  Home | menu | what's new | works | about us | links | ブログ
      ホーム > S住宅計画  施工状況


上から新しい順になっています。工事の最初から順にご覧になりたい場合はページの一番下からどうぞ。

データが大きいので、工期により2分割しています。木工事の途中からの工事は こちら

10月6日

延期になった定例を本日行いました。木工事を開始しています。


10月3日

定例が延期になり、デッキプレート上にコンクリート打設したので、状況を確認に来ました。外周にシートをしていました。


10月3日

コンクリート打設は、残りの擁壁と、一部のコンクリートを残してますが、ほぼ、終わりました。木工事を担当する大工さんと挨拶させていただきました。過去に、私の設計した物件を施工した経験が有る方でした。


10月3日

屋上から北側を見る。


9月16日

本日、打合せさせていただきましたが、これは、その直前の写真。鉄骨工事が概ね完了しました。最終的には見えなくなりますが、屋根のデッキプレートの裏面が輝いているのが印象的でした。ひさし先端の鉄骨も付いています。


9月15日

屋根の上。


9月15日

3階の床のデッキプレートの施工中です。上のひさしの先端の鉄骨はまだ付いていません。


9月15日

法定の中間検査を受けました。これは、書類の確認で、ガレージの中で行いました。検査の指摘事項は有りませんでした。検査の証明も送られてきましたが、事務所で預かっています。


9月8日

鉄骨製品検査の時の予定から2日遅れで今朝から鉄骨建て方開始しました。今日は、定例ですが、これは、定例前の写真。2時前ですが、ここまで進んでいました。


9月8日

5時前には、ここまで出来ていました。主要な軸組みはもう少しで形になります。


8月31日

鉄骨の製品検査に行ってきました。鉄骨は、工場で製作し、現場に搬入して組み立てるのですが、適切に出来ているか、現場搬入前に工場に検査に行きます。構造設計者と一緒に古賀の工場に行ってきました。


8月31日

9月5日(月)から立て方(組み立て)を開始します。いよいよ立ち上がりますね。1週間程度かかる予定です。
左の2本箱型の長いものが柱です。柱から4方に梁が出ています。


8月25日

埋め戻しが。概ね完了したので、確認に行きました。東から光が当たっているので、陰影が出てなかなかいいです。
右側は、外壁の手前に低い擁壁が連続します。左のヘルメットを被った職人さんの部分は、奥の擁壁(給湯機附近)の工事のため、1m程度掘り下げてています。


8月25日

下にガレージが無い部分(和室など)の部分の埋め戻しが完了し、コンクリート床の下の防湿シートを敷いた状態です。今後、床の配筋そしてコンクリート打設となります。8月31日に鉄骨製造工場に行き、構造設計者と一緒に鉄骨製品検査を行う予定です。


8月18日

本日は、定例でした。前面道路から。ひさしのエッジが効いています。ブルーシートの個所は、道路側に低い擁壁が出来、その奥は斜面で植栽帯になります。


8月18日

南側の仮置き土の上から見る。左側のラップルと基礎が見えています。この部分は、今後埋め戻します。1階のRC部分が完成で、ここから上の階が鉄骨造になります。鉄骨立て方は、9月5日からを予定しています。


8月18日

玄関です。左下の床が無い部分がエレベーターピットになります。床は木製の床を組んで所定の高さになります。


8月18日

北側の外壁とガレージ外壁で土に接する部分に、塗膜防水を施工中でした。これは、1回目。明日、もう1回重ねて施工します。擁壁工事の時もそうでしたが、工事中に地下水は出ていません。


8月10日

型枠の解体が始まったので、確認に来ました。


7月28日

足場に立って南側を見る。足場は、2階の床より少し高いくらいです。手前側に見えるのは南側敷地の仮置き土、およびその上の型枠です。


7月28日

道路から撮影。右下のコンクリートは、以前造った擁壁。中央の角パイプが連続している部分がコンクリートひさしの先端になります。(角パイプは、型枠を支える仮設材です)


7月28日

1週間で、鉄筋型枠工事がかなり進みました。コンクリート打設は、8月2日に行います。手前の上の部分は、バルコニー手摺です。2枚下の写真とほぼ同じ位置から撮影。


7月28日

本日、鉄骨の製作工場の人も参加して、定例打合せを行いました。3次元のCADで打合せを進めています。鉄骨の接続位置や、外壁下地固定のためのピースやボルトなども表現されています。


7月20日

柱と壁のコンクリートを1階の途中まで打設しました。2階の鉄骨柱の足元の納まりのために、コンクリートはもう1回打設します。(2回目は7月の月末の予定) 南側敷地の仮置き土の上から撮影しています。


7月20日

東から見る。出来上がりの形を想像しやすいと思います。


7月6日

土留めが完了しました。


7月6日

玄関廻りの型枠がセットされています。この部分のコンクリート、7日に打設します。


6月17日

道路レベルと仮のすり合わせをしています。工事車両が乗り入れできるようになりました。


6月17日

道路側の既存石積みを撤去しました。建築の地中梁の内側を埋め戻しました。汚れ防止のためコンクリート床は工事の最後に打ちます。


6月16日

本日、定例を行いました。天気は雨ですが、地中梁の型枠解体まで進んでいます。玄関を見る角度の写真です。外構床レベルは、この写真のコンクリートより20cm程度上になります。


6月9日

構造設計事務所により、配筋・型枠検査を行いました。10日にコンクリート打設します。


6月6日

構造設計事務所により、配筋検査を行いました。


6月2日

本日、2回目の定例を行いました。現場は、基礎配筋中です。

6月2日

現場施工状況

5月18日

現場事務所で、構造事務所も交えて、打ち合わせを行いました。しばらくは隔週で定例を行います。図は、鉄骨の柱脚をRCに埋め込む鉄筋詳細です。

5月18日

支持地盤に達したと思われるので、平板載荷試験を行い、本日立ち会いました。一部、地山ではなく、前回擁壁工事で掘り返した地盤が出てきたので、もう少し掘削することとしました。

5月17日

午後3時前。さらに進んでます。

5月17日

ホームページを見ると、前回の擁壁工事も5月着工でした。丸3年経過しました。やっと、ここまできました。かなり、掘削が進んでいます。


▲ページトップへ

                           

             平成28年5月    S 住宅計画