住宅・商業施設・医療施設・オフィスビル シード建築設計事務所 SEED Architects


北庭の家

道路と敷地とのレベル差を利用した理想的なプライベートガーデンのある戸建住宅

博多湾を見下ろす高台の住宅地。敷地の南と北に道路がありますが、両方の道路より高くなっている敷地でした。

そのレベル差をうまく利用し、半地下に駐車場・玄関を設け、その上に居住スペースを設けることで、道路からの視線と屋内から外を見る視線が交わらないようにしています。

また、建築と半地下の駐車場を重ねて南側に寄せて配置することにより、北庭の広いプライベートガーデンが出来ました。

北庭はマイナスイメージがありますが、建物から順光で庭を見ることが出来るメリットが有ります。この敷地の場合、充分に北庭にも光が入り明るいことをご説明して、この計画に決まりました。


  構造:S造 一部RC造

  階数:3階

  その他の個人住宅のご紹介 写真リストへ >>



  北庭・中庭など庭の設計コラム >>

  日照の分析 設計コラム >>




ウッドデッキのあるプライベートガーデンと北側外観

住宅地でありながら、庭の光景は空や自分の庭だけが見え、車や人の往来のない景色になります

サッシの折戸を全開すると、ウッドデッキとLDKが連続します。奥の道路は3m以上下がっています

吹抜けからLDKを見る 床はチークフローリング 北庭に面した大形の窓から一日中安定した日照が得られます

手前側のテーブルと一体型のオリジナルのアイランドキッチン。背面はキッチンなどの開閉式壁面収納になっています

リビングから続く和室は、通常はオープンに利用し、必要に応じて仕切ることが出来ます 左下は半地下からの上り口

トイレとバスルーム 扉と窓は強化ガラス

プライベートガーデンの北庭 建築主の手により、とても素敵な庭になりました

サムネイルで選択 ・ 5秒で自動スクロール ・ カーソルONで止まります