住宅・商業施設・医療施設・オフィスビル シード建築設計事務所 SEED Architects


ホーム> 業務内容のご案内> 中古一戸建住宅                  >> TOPpage へ

中古一戸建住宅という選択肢


日本では空き家が社会問題化しています。手を加えれば、まだ充分に住める住宅が相当数。
自分の生活に合った改修して長く住みませんか。


■中古一戸建て住宅の診断から改修まで、安心安全な家造りのサポートをいたします。
   日本の木造中古一戸建て住宅は、築20年もすれば価値はゼロ、土地だけの価値と言われます。
実際の土地建物の取引においても、ほぼ同様の評価になっています。
本当にそれだけの耐久性しか無いのでしょうか。実は、全く、そうではありません。
これには2つの理由があると思われます。

理由1(売り手、建設会社の都合)
価値の無い中古一戸建て住宅が在ると、解体費のマイナス評価のため、土地の価格が下がる。解体して更地の方が利益になる。建設会社も新築の方が容易である。

理由2(買い手の都合)
更地から造った方が自分の生活に合った自由なプランが出来る。新しい家に住みたい。

折角在る一戸建て住宅を崩して建てるより、再利用した方が安そう・・・という思いがあっても、買い手側に古い家屋の充分な情報が無いために、あと何年住めるかわからない、崩した方が安い(と建築会社や設計事務所も言う)し、
また、ゼロから造った方が自由なプランが出来るという思いで、買い手も更地を望む傾向になります。

こうした理由で中古一戸建て住宅の取引の少なさに繋がっています。これは、ほぼ日本独特の状況で、欧米では中古一戸建て住宅の市場が成熟しています。
日本では、修繕すれば充分に使用可能なのに、解体されている中古一戸建て住宅が圧倒的に多い状況です。

潜在的価値があるものが、価値ゼロもしくは解体費というマイナス評価をされているのであれば、それをうまく再利用すれば、新築よりローコストで一戸建てに住むことが出来るはずです。

本来は、通常の取引で示される「築何年」よりも、「あと何年利用できるか」「あと何年住めるか」が買い手が最も知りたい必要な情報でしょう。

1.既存建物の適切な診断
2.老朽化した部分があればその修繕
3.安全性のための補強(現行法に適合)をする改修
4.住み手に生活に合わせた改修

をすることによって、自分の生活に合ったプラン・新しい家が可能です。
限られたご予算の中で、優先性の高い工事だけを行うことも、また、優先順位を付けて段階的に工事を進めることもできます。
中古一戸建てに住むことを検討されている方、取得の際にぜひご相談ください。中古一戸建て探しから、お手伝いいたします。

中古一戸建てではないですが、既存建物取得のページもご覧ください。中古物件の取得の注意点など参考になると思います。





▲ページトップへ


メールでのお問合わせは、こちらから >>



>> TOPpage へ



ご意見・ご質問・ご相談等は、メールまたはお電話にて、ご連絡をお願いいたします。
一級建築士事務所 シード建築設計事務所有限会社
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目13-27 グランドハイツ博多608
電話: 092-474-9065

▲ページトップへ

<<<前のページへ戻る